会社概要

みなさん、こんにちは!「鶴屋不動産」です!
 当社の代表者は、公務員出身。平成28年3月、36年間務めた大分県「佐伯市役所」を、「市民生活部長」の職を最後に、「定年退職」しました。公務員時代は、「地域おこし」に全力投球。一方で、長い間、「条例・規則」の作成や「裁判」などの法律業務を専門的に担当。
その実績を基に、不動産業と同時に、行政書士として「山野内行政書士事務所」も開設しています。
 当社の店頭では、やさしい専任女性取引士が、いつも、ニコニコしながら、親身になって、懇切・丁寧・スピーディーな御紹介・あっせんに全力投球しています。
 そのほか、当社では、①農地転用のほか、②土地・建物の法律問題、③土地・建物のからむ遺言・遺産分割・離婚協議などについても、ほかの士業事務所を介すことなく、その場で、一括して御支援ができます。どうぞ、お気軽に、「鶴屋不動産」にお越しください。心からお待ちしています。

代表者プロフィール
鶴屋不動産代表 山野内眞人 生年月日 昭和30年9月8日
最終学歴 九州大学法学部
・入学した年の「博多どんたく」で、学生服のまま、新天町の舞台に飛び入りして、三橋美智也の「古城」を歌ったら、某地元プロダクションから、スカウト(!?)されました。
・(旧)司法試験受験のため、2年間留年し、昭和55年3月卒業 ((旧)司法試験短答式に、在学中2回、卒業後2回合格しました。ただし、最終合格に至りませんでした。とても残念です。)
職  歴 昭和55年4月 大分県佐伯市役所 入庁
・以後、税務課、都市計画課、総務課の職員、公聴広報課係長、企画課長、教育総務課長、弥生振興局長、市民生活部長を担当しました。
・情報公開条例、行政手続条例、男女共同参画社会推進条例、食のまちづくり条例、ペット霊園条例など、多くの条例・規則等の原案を作成しました。
・多くの行政不服申立てや裁判事務を担当しました。
人生の指針
(社訓)
・「社会貢献」
 「至誠にして動かざる者は、未だこれあらざるなり」
・ 「死して後已(や)む」
・ 「生姜に明けて、生姜に暮れる」
作詞・作曲
自ら作詞・作曲、歌も歌い、東京で収録して、CDを制作・販売しています。
(1枚目) 郷土佐伯市のデュエットソング「恋の佐伯 三通り」(1枚700円。収益金の多くを、市の観光協会等に寄附しました。)
(2枚目) 悪質商法撲滅ソング「だまされて えぇんか!?」(4曲を収録)(1枚1,500円。日本で初めて(!?)、悪質商法デュエットソングを収録。
4曲のうちのひとつ、「ぼったくり音頭」は、某ブラックバラエティーで全国紹介されました。)
趣   味 生姜を食べること。特に、ジンジャーカレー、生姜味噌汁、生姜ラーメンは、最高です! 生姜にも、生の生姜、すりおろし冷凍生姜などもありますが、「いつでも」、「どこでも」、「なんにでも」という意味で、やっぱり、「乾燥粉末生姜」が1番ですね!
 社名  鶴屋不動産 鶴屋不動産|大分県佐伯市
 代表者名  山野内 眞人(やまのうち まさと)
 住 所  〒876-0854 大分県佐伯市中村南町9番3号
 事業種目  不動産総合取引業【大分県知事(1)第3229号】
 相続法務指導員【大分県第1号】
 営業時間  午前8時30分 ~ 午後5時
 定休日  日曜・祝祭日・年末年始
 TEL  0972-23-0135 ( FAX.0972-28-6320 )
 メール  turuyahudousan@yahoo.co.jp
ページのトップへ戻る